STUDiO PiVOTとは

1997年に代表の平山昌弘が設立後、プロスポーツ選手のパーソナルケア&フィジカルディレクションを中心に開始。
2005年より並行して、からだのプロフェッショナル教育を開始。 アロマセラピスト・エステティシャンをはじめ、ヨガ・ピラティスなどのフィットネストレーナーや理学療法士などの医療従事者など、様々な分野の専門家向けにセカンドエデュケーション(再教育)として「機能解剖学」と「オイルトリートメント法」の講座を実施している。

2011年からは、「乳幼児からはじめるからだ教育」をコンセプトに、”こどものからだラボ(旧こどものからだ研究所)”を社内に設立。 「骨盤・股関節」を基本とした、0歳児からの関節機能に着目。
人生におけるあらゆるステージに対応する身体理論「AWARENESS ANATOMY®を提唱し、この考え方を基に様々なプログラムを展開している。

4つの活動


      ■「からだで感じる解剖学」
      「ユルメディオイルトリートメントクラス」

      STUDiO PiVOT独自の身体理論「AWARENESS ANATOMY®」を基軸とした、
      からだに関わる専門家の育成・再教育部門。整体師、エステティシャン、
      スポーツトレーナー、薬剤師、介護士、ヨガ・ピラティスインストラクター等、
      受講者の多くが受講後、自らのスキルアップや売り上げ向上に成功。




      こどものからだ個別コンサルティング「関節力診断」「関節力UPプログラム」
      親子のからだコンサルティング「足裏測定会」実施
      「発々こどものからだ塾」定期開催
      幼稚園・保育園向け「三者一環のからだ教育」を実施。
      こども・先生・保護者の健康をサポート。




      スポーツ選手、歌手、女優等の
        プライベート ボディメイク&フィジカルコンサルティングを実施。
      一般向け、
        プライベートボディメイク&フィジカルコンサルティング「ユルメディトリートメント」実施。
      幼稚園〜高校、高齢者施設などのフィジカルコンサルティング業務、セミナーの実施。
      カルチャーセンター等でのセルフケアクラス実施。




      各種からだ教育セミナー、イベント等の企画・運営
      新聞・雑誌・書籍の執筆と企画立案
      体操・エクササイズ・美容関連のセルフケア考案
      健康・身体関連商品の企画開発→アーユルチェアスローストッキング
      からだビジネス・マーケティング・プロモーションの企画提案



主な著書・監修本

平山 昌弘
「魅せるカラダ」KKベストセラーズ刊行(2005年)
「きれいになるボディデザイン」法研刊行(2006年)
「顔ヤセ美顔塾」青春出版刊行(2007年)


原田 優子
「産後ママの心と体をケアする本」 日東書院刊行 ※一部監修(2011年)


「“健康寿命をのばす” 股関節セラピー」監修 ブルーロタースパブリッシング刊行(2013年)
「骨盤底筋マジック」辰巳ムック刊行 ※一部監修(2013年)


いくつになっても歩ける「股関節調整」監修 ブルーロタースパブリッシング刊行 監修(2014年)


【寄稿】
 やせる言葉(ブルーロータスパブリッシング)

主な新聞・雑誌の執筆

日経MJ新聞「動から静にかわるエクササイズ」
毎日新聞「企画特集 モードの話」にてコメント
日経ヘルスプルミエ(日経BP社)「顔の歪み特集」
VOGUE NIPPON(コンデナスト・パブリケーション)「そのカラダでモードをこなせますか?」
marie claire(アシェット婦人画報社)連載「body drawing lesson」「私だけのカスタム・ダイエット」
FRaU(講談社)連載「プチゴージャスへの誘い」「汝、カラダの内側に目を向けよ!」
各地方新聞紙・連載「ゆるめて楽に股関節」(2015年〜2016年)
ほか多数


講演・セミナー・イベント

サンケイリビング新聞社「夏こそ、すっきりフェイス」「小顔のススメ」等講演
COSME EXPO「ビューティフルボディ講座」講演


青山こどもの城公開セミナー
「歩行の理解は美脚への第一歩」下着のカリスマフィッター 龍多美子さんとトークセッション
「知っているようで知らない自分の呼吸」前・山王病院リハビリテーション室室長・佐野裕子さんとトークセッション
「顔は身体の集大成・身体から見る顔」美容・医療ジャーナリスト 海野由利子さんとトークセッション

朝日カルチャーセンター
「女性のためのこつばん塾」「仕事帰りのこつばん塾」定期開催中

STUDiO PiVOT とは
   4つの活動
   主な著書・監修本
   主な新聞・雑誌の執筆
   講演・セミナー・イベント

AWARENESS ANATOMY®とは
   本人の気づきが9割
   からだの民族差異を理解する
   骨・関節の本来あるべき位置とは?
   教科書は自分のからだ

会社概要

アクセス

プライバシーポリシー

スタッフ
   平山 昌弘
   原田 優子